フェミニスト国家なのにレイプ大国になったスウェーデン その2

 

フェミニスト国家なのにレイプ大国になったスウェーデン」 その1” から続く

*レイプを通報しても門前払い、警察の捜査も追いつかず

 

「レイプを通報しない人が多い」という記事を先に紹介しましたが、たしかに警察は忙し過ぎてレイプなんぞにかまっていられないられないようです。

 

 

また通報体制にも問題がありまして・・・

レイプ事件を捜査しない警察に業を煮やしたジャーナリストが「12歳の少女が強姦されんですよ!」と訴えたら「3歳だっていますよ」と言い返されたというショッキングな事があったり、

 

 

 

レイプされそうになって危うく脱出した女性が警察に電話したら、終日「話し中」で通報できなかった、ということもありました。

 

 

こんな風に門前払いされた上、報復される危険もあるなら通報しなくなって当たり前ですね。

 

*レイプ被害に冷たいスウェーデン社会:暗数は計り知れない

 

単に警察が忙しすぎるというだけなら、予算と人員を増やせばいいわけで、ある意味簡単ですが、スウェーデンの現状をウォッチしていると、予算を増やしてもダメなんじゃないかと思うときがしばしばあります。根本的に考え方がおかしいんじゃないかと・・・

昨年12月、スウェーデン、マルメでレイプ事件を捜査していた警察官が「女性は夜一人で出歩かない方がよい」と発言したら、住民を不安に陥れた、として撤回させられたことがありました。

 

 

なんでやねん?と言いたくなりますね。
スウェーデンの警察のお偉方は女性の安全を守りたくないんですかね?

 

また、同じころに「政府はレイプ対策にもっと力を入れろ!」というデモが開かれました。このデモは、ストックホルムで起きた惨いレイプ事件の裁判が、証拠不十分で全員無罪になったことを受けて開かれたものですが、主催者は「一般の人で盛り上がったけど、政治家からの反応は無し」と語っています。

 

スウェーデンにはフェミニスト政治家は沢山いるんだけど、何してるんでしょうか?ここぞという出番でしょうに。
「同意なきセックス云々・・・」法案のときは大騒ぎしたであろう政治家や活動家が、こういうガチレイプの前で沈黙するのを見ていると、フェミニスト国家とレイプ大国って両立するんだなぁ、と実感しますね。

 

また、最近、マスコミのレイプ事件の扱いが小さすぎるとブチ切れるコラムニストがいました。どうやらマスコミもレイプ事件で騒ぎ立てたくないようです。

 

一般の女性は不安に怯えているのに、政界、官界(警察)、マスコミのエリートたちの間では、レイプ事件は見たくない、目を逸らしたい、なかったことにしたい、という雰囲気が蔓延しているように感じます。こういうのを見ると、予算増やしてもダメなんじゃないかと思ってしまうんですよね。

このように、警察力が足りない、通報体制も不十分、社会も冷たい、おまけに報復される危険もある、という環境ですから、通報されないレイプの暗数は計り知れないことでしょう。

 

*フェミニスト的ディストピア


2017年は、スウェーデンでレイプ通報件数が7千件超あったそうです。

この中に、「解釈レイプ」が多数含まれている、というのがスウェーデン政府の主張でしたが、そのようなレイプがどのくらいあるのかという内訳は発表していません。

余談ですが、スウェーデンは以前、犯罪統計から犯罪者の民族的背景に関するデータを取るのをやめてしまったことがあり、政治的にヤバイ情報をウヤムヤにすることがあるので注意が必要です。

 

結局、スウェーデン政府は、真性レイプと解釈レイプの内訳を把握していないような気がしますが、もし調査できたとして、その多くが解釈レイプだった、となる可能性はあると思います。なにしろ、スウェーデンのルールでは「夫に1年間レイプされ続けた」と言い張る女性が一人現れるだけで365件、「やっぱ1年じゃなくて5年にしとくわ」と言えば1800件以上も加算される超おトクなシステムなんですから。


もしそのような調査結果が出たら、スウェーデン政府は「やはり我が国は意識が高いからレイプが多いのだ」という大本営発表を出すかもしれません。
だからと言って、「女性が安心して暮らせる社会」になっていないということは明らかです。それは、ここまで読んだ人なら解かっていただけると思います。


むしろそれは、警察がよそ様の夫婦生活やどこかのカップルの痴話喧嘩の調査に明け暮れる一方で、多くの女性は治安の悪化に怯えながら暮らす、という漫画的なディストピアを意味するのではないでしょうか。

以上

関連記事:スウェーデンの犯罪統計が信用できない

17 thoughts on “フェミニスト国家なのにレイプ大国になったスウェーデン その2

    1. 対人地雷は四肢欠損の怪我人を増やすことで、敵軍の人員を再利用が困難な負傷兵治療に割かせるため
      って理屈を当てはめると理解できた気がする

      ぶっちゃけ強姦被害者って面倒臭いのよ、だって結局被害者自身が自分で立ち直らないとどうしようもないんだから、見て助けたらいつになるかわからない立ち直りに付き合う羽目になる
      そもそも証言一つ取るだけでも非常にめんど臭い
      被害者が立ち直った所で別に強姦が減るわけじゃない、もし死体なら被害者絡みの面倒臭さは激減するわけじゃん

      1. 被害者の立ち直りと警察が捜査しないのと、どういう関係が?
        犯罪があったと通報があれば捜査し、法を犯していれば立件するのが警察の仕事。

        被害者の立ち直りは、行政や病院あたりかと。

      1. クソとは言わんけど発展途上だからか先鋭化して地に足がついてない印象はあるな。
        あと単なるイメージ戦略だったり、権力闘争や打算のみでデマでも違法行為でもOKな連中が悪目立ちしてる。

      2. こういう事実を(故意に?)無視してスウェーデン称賛してるからじゃ?
        そういう【自称フェミニストの寝言】を真に受けて女性一人でスウェーデン旅行して、レイプされただけで済まずに殺されて森に捨てられてた…なんて事が起きても気にせず「スウェーデンはフェミニスト国家だから女性は安全に暮らせる」とか言い続けてそうですから。

      3.  女性にとって、こういう地獄染みた世界を理想郷と騙るのはクソじゃないの?(鼻ホジ

  1. 今まではレイプとは扱われなかった恋人・夫婦間の同意なきセックスや強引なセックスがレイプ扱いになって通報が増えた結果、警察の捜査能力の許容量を超えた状態になってます。本当の意味での強姦被害にまで捜査の手が回りません。通報件数が増えれば増えるほど単純に人手が足りずに対応しきれなくなってます。
    また、強姦事件の増加に移民や難民といった宗教・民族的関係があることを追求する事を政治家やマスコミが避けていることも原因です。
    触れたくない、触りたくないから見て見ぬフリをします。勿論、それで犯罪捜査をしなければそれはそれで問題になります。
    だから強姦被害の真性レイプはあまり触れず、解釈レイプばかり話題に上げることで「我々は女性のレイプ問題には取り組んでいます」というポーズを取っているんです。

  2. ヨーロッパに住む友人がスウエーデンのというか北欧の現状を話していました。
    移民云々というとそらきたとばかりにフェミニストたちから攻撃を受けたり
    所謂、左派の方たちから貴方は右翼ねといわれかねません。しかし現実は
    移民を受け入れた国々で起きているそれらの人々による犯罪が起きている事実です。
    その国に住む方々が今までにない犯罪にあってしまっていることはその国の政府は声を上げたくないのです。
    何故ならそうしてしまった自分たちの政策に避難が行くから。
    結果的に自国の国民を守れなくなっているのです。日本に住んでいるとマスコミもこのニュースを
    取り上げませんので知られていませんが、ポーランドは先の大戦で口にできないほどひどい目にあった国です。
    ポーランドやハンガリーが移民を受け入れしないと言っているのは当然のことながらどうなるかが
    解っているからです。極右政権とか言っていますがそうではなくただ国と国民を守りたいからだと思います。
    只私も極右も極左もごめんです。しかし国民の主権を守るのは国の仕事です。

    1. レッテル張りして自分は正しい、お前は悪いとマウント取りたい金の為利益の為相手を貶めてたいだけしょうね

  3. ピンバック: URL
  4. アホにかまってられないって事なんでしょうな
    そもそも通報の内容が本当かも謎だからね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。