最強グループ ABBA の女たち - その前とその後 その2

前回は、ABBA のフリーダのことを書きましたが、今回はアグネッタ(Agnetha Ase Faltskog)です。ブロンドの女性ですね。
フリーダの話はほとんど ABBA が結成される前の話でしたが、アグネッタのケースは ABBA が解散した後、つまり、「その後」の話です。

今回は国際問題とか歴史とかはまったく関係なく、完全にのぞき見芸能ゴシップネタです。それから ABBA ファンの人、特にアグネッタのファンの人は読んでいてつらいかもしれません。

 

ABBA は1982年に解散しましたが、アグネッタ以外のメンバーはそれぞれソロで活躍していました。
アグネッタもソロ活動はしていましたが、80年代後半から2000年代前半まで長いことストックホルム郊外の田舎に引きこもっていたようで、表にほとんど出てこないことで話題になっていました。
実際、ABBA の3人のメンバーが揃っているのにアグネッタだけいない、ということがたびたびあったそうです。

そして久々に公の場に姿を現したのは法廷。ある男性からストーカー被害を受けていると訴えたためです。

訴えられたのは、小さいころからアグネッタが大好きで、ファンレターを送るだけでは飽き足らず、はるばるオランダからやってきて、近所に掘っ立て小屋を借りて住み始めたという、危なさ全開の男・・・、

なんですが、こともあろうに彼女は近所に住み着いたこの男を受け入れ、交際していたんですね、2年間も。
で、その男が言うには、突然アグネッタから関係を切られたため、法廷を巻き込んだドロ試合になったとのこと。ドロ試合というか糞試合かな・・・。

なぜそんなことになったのか検証しているのが以下の Behind the Blond という番組です。

 

上の番組は、交通事故とか両親との死別とか、彼女が経験した不幸なこと羅列して、精神状態が不安定になったからストーカー君と付き合うことになった、みたいなストーリーを描いていますが、いまいち、否、いまさんぐらい説得力に欠けます。
ABBA の人気絶頂時代は、Volvo より稼いでいたとか、国内では左翼の反対運動があったとか、少しは勉強になりましたが・・・。

アグネッタは法廷闘争で勝利し、その男はある期間彼女に近づいてはいけないなどの判決を受けます。でも、ストーカー君はゴシップ誌に堂々と登場したりして風評的には負けていますね。

美貌と言い、実力といい、財力といい、世界中にアグネッタほど恵まれている人はそういないと思うのですが、こんなことになっちゃうなんて人生わからないものですね。

紹介しておきながら言うのもなんですが、上の番組はちょっとおかしい。元カレの男とか元フレンドのおばちゃん(元フレンドって、絶交されたのか?)とかストーカー君とか、アグネッタに不満がありそうな人たちがベラベラ喋って、最後はストーカー君の引きで終わるって、ずいぶん悪意のある番組作りですね!

後味悪いので、最後は彼女が輝いていたときの動画で終わりにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。